スタッフブログ

2015.08.28更新

我が家の夏の恒例行事は、横浜に住む親戚の家から『金沢まつり 花火大会』を観賞することです。
今年も8月22日に行って来ました。
         
夏の終わり

 

夏の終わり

 

夏の終わり

 

夏の終わり

 

夏の終わり

 

そして、これまた恒例の金沢文庫駅近くにある鰻屋のうな重です。
今年は、2歳の息子も鰻を初めて食べて、「ウナギって美味しい~」と大喜びでした。

夏の終わり

 

そうしてまた我が家の夏が終わりました…

(A.K)

投稿者: TAO税理士法人

2015.08.21更新

週末に山梨県甲府市に行ってきました。
さて、どこに行こうかと迷うこともなく、おすすめと聞いていた昇仙峡へ。

昇仙峡は甲府市にある渓谷で、長さは全長5メートル、名水百選にも選ばれているそうです。
気温は32度でしたが、渓谷を歩いてみれば、緑豊かで川の水音がなんとも涼しさを感じさせてくれます。

涼を感じて

  

涼を感じて

写真奥に見えるのは「愛の架け橋」です。その名の通り、2人で渡ると…というスポットです。せっかくですので夫婦で渡りました。
渓流は美しく涼しげです。

美しいだけではありません。長野との県境に金峰山があり、奇岩も多いこの地は古来より山岳信仰が盛んだそうです。なるほどこの雄大さには、感動というより圧倒されます。畏怖の念を抱くのに不思議はありません。
絵画のモチーフとしてもよく選ばれたそうです。水墨画がぴったりですね。

涼を感じて

心地良い疲労とともに涼を感じた一日でした。

(T.K)

投稿者: TAO税理士法人

2015.08.13更新

我が家は子どもたちが夏休み真っ最中!
親は振り回されっぱなしで、毎日のペースは乱れまくっております。
ただそんな夏休みのおかげで新たな発見がありました。

中学1年の息子の夏休みの宿題に、"「地元鵠沼と文学」と言うテーマで自由にレポートを出す"と言う、なんともざっくりとした国語の宿題がありました。
私は初めそれを聞いた時、何のことだかピンときませんでしたが、よくよく息子と調べたら、 実はTAOのある藤沢駅から小田急江ノ島線で2つ行った鵠沼海岸駅近辺は、驚くほど沢山の文豪たちがふらふら!!していたらしいのです。

かつて鵠沼海岸にはいくつか旅館があり、その中でも「東屋」と言う宿には沢山の文豪たちが投宿していたらしいです。
以前東屋があったところには現在石碑が立っています。

 

1

 

2

 

週末の早朝に、子どもと自転車でレポートに使う写真を撮って周りました。

ちなみに代表的な作家と、東屋で執筆された作品は以下の通り。
谷崎潤一郎 『金と銀』『小さな王国』
武者小路実篤 戯曲『その妹』
芥川龍之介『追憶』、『鵠沼雑記』『蜃気楼』には東屋が登場。

 

3

 

数年前まで商店街に確かにあった古~い理髪店は、芥川龍之介の行きつけのお店だったと言うのにも驚きました。

 

4

(ご参考)

 

せっかくなので、地元ゆかりの小説をのんびり読んでみるのもいいなぁ~、
いやいや、虫の声が心地よい季節になってからにしようと思います。
どちらかというと今は鵠沼海岸 埜庵(のあん)のかき氷です。
酷暑を何とか乗り切りたいです。

 

5

(T.S)

投稿者: TAO税理士法人

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY

TAO税理士法人 初回無料でご相談に応じます。 0466-25-6008

営業時間 9:00~17:00(月曜日~金曜日) 住所 〒251-0025 神奈川県藤沢市鵠沼石上 1-1-15 藤沢リラビル4F メールフォームでのご質問や無料面談のご予約はこちら