スタッフブログ

2017.04.28更新

半年前に投稿した「飲兵衛のラーメンマン」です。
最近は、飲酒後の仕上げラーメンを月に2~3回程度、嗜んでおります。
前回、ご紹介した「凄いチャーシュー麺」に続きまして第二弾をご披露いたします。(もし知っている方がいましたら、ごめんなさい)

 

凄い魚介系ラーメンとチャーシューごはん

 

凄い魚介系ラーメンとチャーシューごはん

 

写真のラーメンがそれですが、いつも食する度に感じるのは、スープは「これぞ魚介系だ」・・・スープと麺のマッチングが何とも絶妙です。
いつも醤油味を注文しますが、塩味もいけそうです。

 

それと「チャーシューごはん」がまた絶品です。
炙った肉が食を進めますが、体脂肪満載の私にはあまり体に良くないのかも・・・と思いながら、ついつい注文してしまう一品です。

 

凄い魚介系ラーメンとチャーシューごはん

 

さらに、お薦めがメンマです。
たぶんこのメンマは私の経験では他であまり使われていないのではないかと思います。言葉で表現するならば、古い言葉かもしれませんが「支那竹」という感じです。竹を割ったような触感が堪りません。
いつものことですが、ラーメンは「論より証拠」です。興味のある方は是非一度試してみてはいかがでしょうか。

 

〇お店の名前:「麺や 八雲」
〇お店の所在地:平塚市桃浜町23-18(平塚駅南口から徒歩11分)
〇人気メニュー:バラ肉チャーシュー麺(醤油)900円
○お薦め:メンマ塩ラーメン800円
○サイドメニュー:チャーシューごはん300円

 

(I.M)

投稿者: TAO税理士法人

2017.04.21更新

ふるさと納税の返礼品競争に歯止めをかけるため、総務省が4月1日付で、ふるさと納税の返礼品の調達価格を少なくとも寄附額の3割とする旨の通知をしたとのニュースがありました。
実際の通知をみてみると、ふるさと納税の趣旨に反する返礼品として、以下のような例が挙げられています。

 

ア.金銭類似性が高いもの(プリペイドカード、商品券、電子マネー、ポイント、マイル、通信料金等)
イ.資産性が高いもの(電気・電子機器、家具、貴金属、宝飾品、時計、カメラ、ゴルフ用品、楽器、自転車等)
ウ.価格が高額なもの
エ.寄附額に対して返礼割合の高いもの

 

その上で、エに関して、「社会通念に照らし良識の範囲内のものとし、少なくとも、返礼品として3割を超える返礼割合のものを送付している地方自治体においては、速やかに3割以下とすること」とされています。

 

今回の通知のポイントは返礼割合について3割という金額基準を定めたことと具体的に返礼品として適さない項目が設定されたことではないでしょうか。報道によれば、総務省は自治体の見直し状況について随時把握して公表することも検討しているとのことです。今後は、返礼品として高額なものや返礼割合の高いものを設定することが難しくなるでしょう。

 

しかし、ふるさと納税制度は依然として納税者にとっては有利な制度であり、各地の特産品を知るきっかけにもなります。ふるさと納税が本来の趣旨に沿いつつ、納税者にとって楽しみの多い充実した制度となってほしいと思います。

 

(T.K)

投稿者: TAO税理士法人

2017.04.14更新

自宅のPCが故障した。
起動時にマザボ―ドから「ピーピー……」と警告音がなって起動しない。
何度も起動を繰り返すと、何事もなかったかのように起動する場合もある。
「とうとう寿命か?」と諦めて新規にマシンを組み立てることにした。

 

振り返ってみると壊れかけのメインPCは組み立ててからもう5年近く経っていた。
もう1台のサブPCは約10年前に組み立たもので、ブートにやたらと時間がかかり、辛抱強く待たないとブートしてくれない。
このサブマシンでもInternet検索程度ならはまだ十分使えるが、Windows10にUpdateしてからはほとんど動かしていない。
ゆえに、情報は更新されておらず、ある時点で時が止まったままである。

 

メインPCが壊れとる、お気に入りに登録した情報などを探すのに苦労する。
そこで新しい部品を買って久しぶり新規にマシンを組み立てることにした。

 

PCが故障した

 

購入したPCパーツである。CPU、マザーボード、メモリ、そしてハードディスク。
私はこれまでCPUはAMDを使ってきた。安くてそれなりの性能が出るためである。
しかし、今回はIntelのi5-7500にした。この1月にはAMDから新CPUであるRyzenが出荷されたが、如何せん価格が高いため今回は断念し、初めてPCを購入したときのPentium-60以来のIntelマシンにした。

 

さて、組み立てである。
CPUなどのパーツを新規に組み立てる場合は、ハードディスクをいきなり接続することはせず、まずはCPU+メモリ+ブート媒体の最小構成でブートし、そこでメモリの検査ツール MemTest86を一晩中動作させてエラーの有無をチェックする。

 

PCが故障した

 

何度か経験しているが、このとき不具合が見つかると組み立て完了までの時間が約1週間のびる。それはパーツを「初期不良」として交換してもらうのに少なくとも1週間はかかるためである。
メモリテストは無事パスした。

 

今回、随分久しぶりに新しいマザーボードを購入したらBIOSに替わってUEFI(Unified Extensible Firmware Interface)なる画面が現れた。
「なんだこれは?」と戸惑いながらも、新しいマシンの組み立てにワクワクしている今日この頃である。

 

(M.K)

投稿者: TAO税理士法人

2017.04.07更新

車を購入してから大分時間が経つが、最近、助手席や後部座席等ではなく運転席に座る機会が多い。


ラジオや音楽を流しながら運転する余裕はあまりないが、それでも目的地に到着した安堵感と言ったらなんとも言えず嬉しいものだ。
昔、目的地到着まで惰眠を貪っていた私には到底分からない気持ちである。


そして、今度、長距離運転に挑戦したいと密かに思う今日この頃なのでした。

 

(C.B)

投稿者: TAO税理士法人

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY

TAO税理士法人 初回無料でご相談に応じます。 0466-25-6008

営業時間 9:00~17:00(月曜日~金曜日) 住所 〒251-0025 神奈川県藤沢市鵠沼石上 1-1-15 藤沢リラビル4F メールフォームでのご質問や無料面談のご予約はこちら