スタッフブログ

2017.07.28更新

私が所属している横浜キワニスクラブが主催する「母と子のためのコンサート」が、7月25日に関内ホールにて開催されました。

昨年に引き続き久石譲さんを父に持つ麻衣さんをお招きし、NHKドラマ「坂の上の雲」の主題歌である「Stand Alone」や「となりのトトロ」などを歌っていただきました。コーラスとして少年少女合唱団も参加し、会場に響きわたる歌声に心が洗われました。

 

母と子のためのコンサート

 

母と子のためのコンサート

 

横浜キワニスクラブでは当初「良い胎児教育」のためにマタニティコンサートを始め、21年目となった昨年からは子育て中のお母さんや小さなお子様にも聴いていただきたいと「母と子のためのコンサート」にリニューアルしました。
22回目となる今回もおかげさま260名満席となり、ご参加いただいた方には大変喜んでいただけたことと思います。

 

ちなみにキワニスクラブとは、ロータリークラブやライオンズクラブと同様、民間の社会奉仕団体で、主な活動としては、入院中の子ども達へのキワニスドールの贈呈や、子ども虐待防止のためのオレンジリボンキャンペーン活動の支援などを行っています。

 

(S.H)

投稿者: TAO税理士法人

2017.07.21更新

77歳を迎えたが、気力・体力まだ余力がありそうです。

 

様々な人に出会い、多くを学ばせてもらいました。
正義を貫き、意見の相違は議論する。相手の意見を聞き、改めること多々あります。
色々な人生を経験しました。戦はいやです、悲惨すぎます。

 

近い将来、田舎暮らしを考えていますがどうなることやら。
土を耕し野菜を作り、鶏を飼い卵を、時には肉を食した子供のころの生活を夢見ています。

 

科学の進歩が、これからの若い人の生活を豊かにするものと思います。しかし、現実の政治は全く反対で、多くの困難を残す方向に進んでいると思います。公正で公平な社会を
築くための監視は必要です。頑張って下さい。

 

(J.U)

投稿者: TAO税理士法人

2017.07.14更新

今年も海の日(7月17日)に茅ヶ崎市南湖の西浜海岸で「浜降祭」が開催されます。
この祭りは茅ヶ崎市と寒川町の各神社から大小合わせて約40基の神輿が海岸に集まり「禊(みそぎ)」を行うという盛大な祭りです。地元の神輿好きにとっては一年間の中で最大のイベントになります。
浜降祭の起源については、諸説がありますが、まとめてみると概ね次のようです。

 

江戸時代の天保9年(1838)に、寒川神社の神輿が例年春に行われる国府祭(こうのまち)【大磯町国府本郷】に渡御した帰途、相模川の渡し場で一ノ宮の寒川神社の氏子と四ノ宮の前鳥神社の氏子が争いを起こし、御輿が川に落ちて行方不明になってしまった。その数日後、南湖の網元である鈴木孫七さんが漁の最中に、このご神体を発見し、寒川神社に届けたことを契機に、毎年同神社の神輿が、そのお礼のため南湖の浜に赴き、「禊(みそぎ)」をするようになったと言い伝えられている説が有力なようです。

 

浜降祭は別名「暁の祭典」ともいわれるように、祭りの当日早朝には、一ノ宮である寒川神社をはじめ、近隣の神社の神輿が一斉に海岸を目指します。神社を出発する前に暗がりの中で幻想的に行われる「宮出し」も一見の価値ありです。一番神輿は夜明け前の午前4時ころには海岸に到着します。かつては、遠方の神輿は夜中に出発したそうですが、最近では担ぎ手の不足や体力面?を考慮し、海岸近くまではトラックやバスでやって来る神輿が増えてきているようです。このようにして各神社の神輿はそれぞれの方法で次々と海岸に集合していきます。そして最後に地元の南湖地域の上町(琴平神社)、仲町(八雲神社)、下町(住吉神社)の各神輿が、町内を練り歩いて会場入りします。

 

午前7時には約40基の神輿が勢揃いし、寒川神社の宮司さんによる神事が始まります。約1時間の神事の後、各神輿は帰路に着くのですが、その際に海に入って「禊(みそぎ)」をする神輿が毎年数基あります。私見ですが、浜降祭の一番の見所はこの時だと思います。1基入れば2基3基と海に入っていき、数基が連なって海の中を練り歩く様は圧巻です。
「担ぎ手」はどうしても海に入りたい。一方、神社総代や神輿保存会の方々は1基数千万はする神輿を大事に守りたい(海水に浸かると神輿が傷む)。大勢の見学者は海の中に入る「禊(みそぎ)」を出来るだけ多く見たいと、それぞれの思惑が重なり合います。
相州神輿独特な「どっこい、どっこい」という掛け声、「シャン・シャン・シャン・シャン」とリズムよく鳴る神輿の鈴の音、タイミング良く歌われる「茅ヶ崎甚句」・・・これらの何とも心地良い「祭りの音色」が聞けるのももうすぐです。

 

(T.I)

投稿者: TAO税理士法人

2017.07.06更新

先日、久しぶりに箱根神社へ行って参りました!
小雨がパラつく程度のお天気で、そんなに寒くもならないだろうと軽い羽織るものを持って家を後にしました。ところが、ロープウェイで駒ケ岳山頂に着くと、霧雨でしたが傘が全く役に立たないほどの突風が吹き荒れていました。山頂と芦ノ湖のお天気があまりにも違い、そして、本宮は更に丘の上にあります。傘の骨が折れ、ずぶ濡れになりながらも皆で参拝して参りました。

 

そういえば、以前に参拝した時も意外と寒かったことを思い出し、山を甘く考えていけなかったと反省しました。(大山の時にも反省したはずでしたが・・・)次回からは、防寒具をきちんと準備して行こうと思います。
でも、あの暴風雨でもロープウェイが動いていてくれたので、無事に参拝することできて良かったです。
本当に久しぶりの箱根で、良い氣をいただくことができました。

 

そして翌日、家を出ると蝶が飛んでいました。いつもでしたら、気が付かないことが多い私ですが、ずっと私の目の前で逃げることなく飛び続けてくれたので、思わず撮ってしまいました。

 

変わりゆく私

 

不思議なもので、以前見えていなかったものに気が付くようになりました。

 

変わりゆく私

 

(Y.I)

投稿者: TAO税理士法人

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY

TAO税理士法人 初回無料でご相談に応じます。 0466-25-6008

営業時間 9:00~17:00(月曜日~金曜日) 住所 〒251-0025 神奈川県藤沢市鵠沼石上 1-1-15 藤沢リラビル4F メールフォームでのご質問や無料面談のご予約はこちら