スタッフブログ

2018.07.13更新

平塚の七夕まつりに行って来ました。

 

第二次世界大戦中、平塚市には海軍火薬廠があり、1945年7月の空襲で焼野原となったのだそうです。

終戦後の1950年7月に復興まつりが開催され、その後、平塚商工会議所および平塚市商店街連合会が中心となり、仙台市の仙台七夕まつりを模範とした第1回「平塚七夕まつり」が1951年7月に行われたとのこと。

それから今年で第68回目を数えます。

 

第68回 湘南ひらつか七夕まつり

 

この日、西日本では大雨の影響で川の氾濫や土砂崩れが起こり、多くの方が被災しました。
日常の尊さを思わずにはいられません。

 

第68回 湘南ひらつか七夕まつり

 

短冊の中にかわいらしい願い事を発見し、ほっと心が和みました。

 

第68回 湘南ひらつか七夕まつり

 

(N.N)

投稿者: TAO税理士法人

2018.07.05更新

1年の半ばを迎える6月。雨が多くお出かけに気を使う季節となりました。
今回はこの季節ならでは花、紫陽花のお薦めです。

 

当事務所のお隣、鎌倉市は紫陽花のメッカであり、梅雨の季節に市内の至るところで絢爛かつ慎ましい姿を披露しています。

今年もいよいよその季節!我が家では毎年6月第1週から紫陽花スポットを調査し観賞の計画を練ります。

私のお薦めは、有名どころ、テレビでもお馴染み鎌倉長谷寺。ここは紫陽花専用の遊歩道「あじさい路」が敷設されその数2500株!土手全体が紫陽花におおわれ、人はその隙間を歩かせて頂くというイメージでしょうか。

有名なので大混雑なのですが、チケットは電子マネーで購入、整理券で200人単位での入場など大変スマートなシステムで混雑が苦になりません。入場待ちの間、鎌倉大仏通りの並み居るスイーツを楽しむのもお薦めです。

 

紫陽花見物のススメ

 

もうひとつは鎌倉名月院。こちらも紫陽花どころとしても有名なのですが、こちらはなぜかウサギがモチーフとされており、院内の至るところにウサギの彫刻が置かれています。院の最深部には本物のウサギ「もも」と「さら」がいます。(とてもかわいいです(^o^))

名月院は鎌倉で私が最もお気に入りのスポット。穏やかな休日を過ごすため喜び勇んで向かったところ、北鎌倉駅を出てすぐに行列と警備員さんの姿が!なんと昨今の紫陽花特集で大混雑。行列の推定500mといったところでしょうか。

お気に入りのスポットが有名になるのはとても嬉しいですが、素敵な休日の構想が崩れてしまいました(ToT)

もちろん翌週にリベンジ。開門時刻から並ぶことで素敵な紫陽花と可愛いウサギを堪能できました。

息子(2歳)にはこの日本独特の詫び錆びは理解できないよう、紫陽花そっちのけで傍らを走る横須賀線に手を振って興奮しておりました。

 

紫陽花見物のススメ

 

梅雨の時期、当事務所にお立ち寄りの際は、ぜひ足を伸ばして鎌倉紫陽花見物をお薦めいたします。

 

(T.A)

投稿者: TAO税理士法人

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY

初回無料でご相談に応じます。

営業
時間
9:00~17:00(月曜日~金曜日)
※ただし、お客様のご希望に応じて時間外、
土日祝も対応可能です。
住所 〒251-0025
神奈川県藤沢市鵠沼石上 1-1-15 藤沢リラビル4F

藤沢駅南口 徒歩3

  • 0466-25-6008  (FAX  0466-25-6968 )
  • top_contact_tel_sp.png
  • ご質問や無料相談のご予約承ります お問い合わせはこちらご質問や無料相談のご予約承ります お問い合わせはこちら