TAO通信

2019.09.03更新

10月の消費税率引き上げに伴い、自動車にまつわる税金の体系が大幅に変更されます。

まず、自動車取得税が廃止され、「自動車税環境性能割」ができます。環境性能割はエコカー減税の代わりに、車の環境性能に応じて取得価格の0~3%の税率をかけます。ただし、19年10月から20年9月末までに取得すれば税率が1%軽減されます。

例えば20年度燃費基準を達成するなら1%。従来のエコカー減税だと取得税は2.4%なので、1.4%分軽くなる計算ですが、消費税率が2%上がれば軽減効果は消えます。

自動車税は「自動車税種別割」に名称変更され、税額は排気量1000cc以下なら年額2万5,000円。今より4,500円安くなるので、この車を10年間乗り続けると、計4万5,000円の節税になります。一方、車の取得価格が200万円の場合、消費税率が2%上がると4万円の負担増となります。

排気量が小さく環境性能の高い低価格車であれば、消費増税後の購入もご検討されてはいかがでしょうか。

投稿者: TAO税理士法人

初回無料でご相談に応じます。

営業
時間
9:00~17:00(月曜日~金曜日)
※ただし、お客様のご希望に応じて時間外、
土日祝も対応可能です。
住所 〒251-0025
神奈川県藤沢市鵠沼石上 1-1-15 藤沢リラビル3F・4F

藤沢駅南口 徒歩3

  • 0466-25-6008  (FAX  0466-25-6968 )
  • top_contact_tel_sp.png
  • ご質問や無料相談のご予約承ります お問い合わせはこちらご質問や無料相談のご予約承ります お問い合わせはこちら