TAO通信

2013.01.16更新

 2013年も、ますます「卒・サラリーマン」(60歳超)の生き方、消費志向、資産運用、趣味嗜好等に関心が集まるだろう。とりわけ継続雇用が普通になってからは60歳台を65歳で分ける「60ランディングゾーン」に注目が集まる。
 広告代理店の(株)アサツー ディ・ケイ(ADK 東京都)では、社内に「アラ☆ダン研究所」を設置し、60代を中心としたシニア層の生活意識・行動調査のサポートを始めた。「生活者総合調査2012」はその第1号で、行動を分析し結果をまとめた。
 今のシニア層は、他のどの年齢層よりも趣味や消費に意欲的でることが分かった。特に趣味は、ゴルフなど若年層に比べ外出する「外向き」志向の活動が上位に挙がっている。若年層は電子機器などを遊び道具に部屋に籠りがちだ。
 こうした意欲や行動の源泉は、健康への自信や目的を持った意識の強さと呼応していると考えられるという。特に「シニア」の意味を年長者ではなく、上級者ととらえて消費行動にセンスを求める傾向がある。お金をかけている商品・サービスは「家族や自分の安全を守るもの」や「体力維持」「趣味」にこだわり、パソコンや最新情報機器、高級車に関心を示す。
 60代男性は「ユーモア」のセンスに自信を持ち、70代前半女性は「視覚」「嗅覚」「味覚」のセンスで自信度№1などと、10把ひとからげで高齢者を弱者扱いする時代ではなくなった!?

投稿者: TAO税理士法人

SEARCH

CATEGORY

初回無料でご相談に応じます。

営業
時間
9:00~17:00(月曜日~金曜日)
※ただし、お客様のご希望に応じて時間外、
土日祝も対応可能です。
住所 〒251-0025
神奈川県藤沢市鵠沼石上 1-1-15 藤沢リラビル3F・4F

藤沢駅南口 徒歩3

  • 0466-25-6008  (FAX  0466-25-6968 )
  • top_contact_tel_sp.png
  • ご質問や無料相談のご予約承ります お問い合わせはこちらご質問や無料相談のご予約承ります お問い合わせはこちら