TAO通信

2013.01.30更新

コンビニエンスストアのローソンが、健康診断を受けない社員の賞与を15%減額する制度を2013年度から導入すると発表したのが昨年暮れで、直属の上司も10%カットする異例のニュースにお屠蘇気分もぶっ飛んだ人たちも多いに違いない。多忙を理由に健診を受けず、健康を害して仕事を続けられなくなるケースを減らし、医療費負担の軽減にもつなげたいのが狙いだ。
13年度中に健診か、人間ドックを受けなかった社員とその上司が対象になる。会社の健診を仕事の都合で受けられない場合も、会社の費用負担で別の日に受診できるため、どんなに忙しい職場でも健診を受けることは可能とみている。
そんな折に「メタボで医療費年12万円増も生活習慣病が原因か 厚労省調査」というニュースが流れた。メタボリック症候群の人の医療費が、そうでない人よりも年8万~12万円多いことが分かった。
医療費を増やす原因となった病名は調べていないが、高血圧などの生活習慣病が医療費を押し上げた可能性があるという。
調査では、メタボ男性はそうでない人より40~49歳で医療費が年10万円程度多く、女性では70~74歳でメタボの人が9万円程度上回った。しかし健診が万能ではないことは厚労省も承知済み。血圧や血糖値、身長、体重などの数項目にしか科学的根拠がないので、健診受けないと損を蒙るとは?と、健診過信、盲信に警鐘を鳴らす専門家も多い。

投稿者: TAO税理士法人

SEARCH

CATEGORY

初回無料でご相談に応じます。

営業
時間
9:00~17:00(月曜日~金曜日)
※ただし、お客様のご希望に応じて時間外、
土日祝も対応可能です。
住所 〒251-0025
神奈川県藤沢市鵠沼石上 1-1-15 藤沢リラビル3F・4F

藤沢駅南口 徒歩3

  • 0466-25-6008  (FAX  0466-25-6968 )
  • top_contact_tel_sp.png
  • ご質問や無料相談のご予約承ります お問い合わせはこちらご質問や無料相談のご予約承ります お問い合わせはこちら