スタッフブログ

2021.01.21更新

戦後の荒廃から、見事に復興をとげ、人々の生活は豊かになりました。

人々は懸命に働き続けました。貧富の格差も少なくそれなりの幸福を感じていました。

当時の政府のスローガンに「ゆり籠から墓場まで」と人生に心配することはないと言い、明るい未来を信じていました。

ところが昨今は、貧富の格差は拡大傾向で、貧しさを感じます。

世代間の負担の相違を理由に、高齢者の負担が増し、困窮者が激増しています。

世界は右傾化傾向にあり、軍事衝突の危険を感じ、危惧しています。

戦争体験者の半藤勝利氏が書物・テレビ対談等で、再び愚かな戦争を選択しないよう警鐘を鳴らし続けていました。

戦争を体験し、我々に貴重な事を教えてくれた人々が他界され、寂しい限りです。

憂いてばかりでも仕方ありません。

今年はコロナに翻弄され続けていますが、世の中の真実を知りたいと思います、体力が必要となります。

心機一転、体と心を鍛えたいと思います。一つ、大腰筋を鍛える。二つ、真実を求めて「選択」を読む三つ、ゴルフの練習を実行する、四つ、囲碁を習います。

心身とも健康にして、そして仕事に取り組むつもりです。まだ八十歳です。

少年老い易く学成り難し、頑張ります。


(J.U)

 

投稿者: TAO税理士法人

2021.01.14更新

菅首相は新型コロナウイルス感染拡大を受け7日夕方、翌日8日から2月7日までの1か月間、昨年4月7日~5月25日以来2度目となる緊急事態宣言を発令。発令後の記者会見では「(感染抑止に)効果のある対象に徹底的な対策を講じたい。1か月後に必ず事態を改善させる」と強調した。

 

宣言に伴って、1都3県は8日から飲食店などに午後8時までの営業時間短縮を要請。応じた店舗は、協力金を現在の1日最大4万円から6万円に引き上げ、応じない場合は時短を指示、店名などを公表。宅配や持ち帰りは時短要請の対象外とした。住民には、特に午後8時以降の不要不急の外出自粛を要請。首相は「若者への感染がさらなる感染拡大につながっている」として、30代以下の若年層に慎重な行動を求めた。

 

今までの経済優先の方針を変えずロックダウンしないで、この程度の要請だけで首相が強調した「1か月後に必ず事態が改善する」かは甚だ疑問だが、苦境にある小規模の飲食店にとっては、時短及び休業した日数に応じて1日6万円支給される給付金は、少しは効果のある支援策となるのではないだろうか。

 

いずれにしても「Too Little Too Late」の感は否めないが、政府には1日でも早く以前の生活に戻れるような政策をとってもらうことを本当に切実に期待します。

 

我々としては、約1年前の国内コロナウイルス初感染からいままで休むことなく働きつづけている医療従事者に感謝しつつ、新型コロナウイルス感染収束までマスクを着用し3密を避け不要不急の外出を自粛する生活を引き続き粛々と続けるしかないでしょうね。

 

(T.I)

投稿者: TAO税理士法人

2021.01.08更新

新年明けましておめでとうございます。

コロナ禍での年末年始は如何でしたでしょうか。

流石に大晦日の東京での感染者1,300人超には衝撃を受けましたね。

私は残念なことに毎年恒例の箱根一泊での忘年会が中止となったため、少し寂しい年末となりました。

 

年明けは車で20分ほど行った実家での毎年恒例の食事会です。兄も実施に迷っていたようですが、両親の強い希望もあり1年ぶりに両親や兄家族と一家揃っての食事をすることになりました。

しかし近くの老人施設に働いている義姉は夕方仕事から戻ると、簡単な挨拶のみで「私は一緒に食事できないので、ごめんなさい」と言って自分達の住まいとなっている2階へ上がってしまいました。どうやら職場のルールで普段でも家族と一緒に食事もしてはいけない事なっているようです。

 

普通に仕事をし、家族と毎日一緒に食事をし、更には時々外食までしている自分がどれだけ幸せな環境にあるのか、それとも罪なことをしているのか考えさせられるコロナ禍での一面でした。

 

今週には2度目の緊急事態宣言が1都3県に発令されます。物理的なソーシャルディスタンスが騒がれることになるかと思いますが、お客様や友人等周りとの関わりが薄くならないよう、今まで以上に心掛けたいものです。

 

(K.K)

 

投稿者: TAO税理士法人

2021.01.05更新

明けましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

TAO税理士法人一同

投稿者: TAO税理士法人

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY

初回無料でご相談に応じます。

営業
時間
9:00~17:00(月曜日~金曜日)
※ただし、お客様のご希望に応じて時間外、
土日祝も対応可能です。
住所 〒251-0025
神奈川県藤沢市鵠沼石上 1-1-15 藤沢リラビル3F・4F

藤沢駅南口 徒歩3

  • 0466-25-6008  (FAX  0466-25-6968 )
  • top_contact_tel_sp.png
  • ご質問や無料相談のご予約承ります お問い合わせはこちらご質問や無料相談のご予約承ります お問い合わせはこちら