スタッフブログ

2024.05.31更新

皆さまは「ピーターパン」と聞いてどんなイメージを思い浮かべますでしょうか?

私の中でのピーターパンのイメージは榊原郁恵さんなのですが・・・

一般的なピーターパンのイメージは「永遠の12歳」「無邪気」「勇敢」だと思いますが、原作では上記とは裏腹に闇深いキャラクターとして書かれています。

原作はイギリスの作家「ジェームス・マシュー・バリー」の「Peter and Wendy(ピーターとウェンディ)」。

冒頭ではこんなことが書かれています。

「All children, except one, grow up」

直訳すると「子供はみんな、一人を除いて、大人になります。」

ピーターパンは12歳から年を取ることがないため、自分が暮らすネバーランドの住民も全員子供でなくてはならないと考えています。

そのため原作ではこのように書かれています。「子供たちは大きくなるとそれは契約違反なので、ピーターは出来るだけ大急ぎで執念深く子供たちを間引きました」・・・

そもそもネバーランドの住民は「迷子たち(ロストボーイズ)」と呼ばれていますが、原作では「乳母車から落ちてしまった子」と書かれており、ピーターパンが誘拐してきた子供たちです。それを大人になったら間引くって・・・
ネバーランドには「息をするたびに大人が一人死ぬ」ということわざがあるため、大人嫌いのピーターパンはわざと一秒に5回短く早く息をするそうです。

気に食わないからとフック船長の右腕を斬り、それをワニに食べさせたり・・・

そもそも生まれたその日に両親(大人)に失望して家出している彼、大人嫌いここに極まれり・・・

ウェンディが現実世界に帰ってからも、一年に一度ネバーランドに遊びに行くと約束していたが、結婚したことに激怒。大人になってしまったので、代わりに娘のジェーンを連れ去っていく。

ディズニーによってヒーロー的な地位を確立していますが、原作の彼は「傲慢」で「嫉妬深く」「惨忍」「短絡的」で「自己中心的」な永遠の子供なのです。

 

1

 

(S.T)

投稿者: TAO税理士法人

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY

初回無料でご相談に応じます。

営業
時間
9:00~17:00(月曜日~金曜日)
※ただし、お客様のご希望に応じて時間外、
土日祝も対応可能です。
住所 〒251-0025
神奈川県藤沢市鵠沼石上 1-1-15 藤沢リラビル3F・4F

藤沢駅南口 徒歩3

  • 0466-25-6008  (FAX  0466-25-6968 )
  • top_contact_tel_sp.png
  • ご質問や無料相談のご予約承ります お問い合わせはこちらご質問や無料相談のご予約承ります お問い合わせはこちら