スタッフブログ

2020.07.17更新

坂を下ると、消防署の軒先から、つばめが飛び出してきた。

湿気を帯びた空気が、身体にまとわり付く。

梅雨の中、わずかな雨上がりの時を狙い、走り出す。

汗が噴き出す。

ひとりになると、バフをずらす。

顔に風を感じる。

涼しい、息が楽になる。

ジムに行かれなくなって、4ヶ月半。

日課は、また、ジョギングに戻った。

3年7カ月かけて、少しずつ積み上げてきた筋肉は、あっと言う間に落ちて、

すっかり貧弱な身体になってしまった。

ジョギングとわずかな自重筋トレでは、筋肉を維持するのは、難しい。

意志の弱さ故…だが。

ジムに行きたい。

 

自宅に戻り、

最近、やっと購入出来たトレーニング出来るゲームソフト、試しに始めてみた。

 

いつかまた…

先はまるで見えないけれど。

今は、ぼちぼち。

 

1

 

(T.H)

 

 

写真

投稿者: TAO税理士法人

2020.07.13更新

五木寛之さんの「大河の一滴」が、再びベストセラーとなっています。

平成10年に出版されたこちらの書籍。確か捨てずにとってあったな、と探してみると・・・

自室の奥から見つかりました。

 

1

 

独身時代に購入、以後3度の引っ越しの度に大半の書籍は処分しました。

記憶は定かではありませんが、何か心に残るものがあったのでしょう。

保存状態は良好、巻末の書評欄には、免疫学者のコメントも残っていました。

 

2

 

五木寛之さんがテレビ出演の際、「…大河の一滴として生きる…」と語った内容等が、再びベストセラーのきっかけとなったようです。

これまでの世界は、「Together & Alone」、これからの世界は、「Alone & Together」。

個人でいながら集団と繋がる時代、そんな時代への移行が急速に進んでいます。

 

「経営者は孤独である」と言われます。

「Alone & Together with TAO」と感じていただけるよう、日々業務に励んでまいります。

 

(Y.U)

投稿者: TAO税理士法人

2020.07.03更新

少子高齢・人口減少社会の到来とともに働き方の多様化が叫ばれており、今般のコロナ禍が一層この働き方の多様化に拍車をかけていくものと思われます。こうしたなかフリーランスという雇用によらない働き方も一つの選択肢として注目されています。

 

ところで昨年10月に消費税率が10%に引き上げられましたが、2023年10月以降はインボイス制度(適格請求書等保存方式)の導入が予定されており、このことがフリーランスの方に大きな影響を及ぼすと言われています。

 

現行制度におきましては消費税の課税対象となる売上が年間1,000万円以下であるフリーランスの場合、原則として消費税免税事業者として消費税の納税は免除され、預かった消費税はそのまま収入として計上されます。一方、フリーランスの方に外注費等として支払いを行った消費税課税事業者である取引相手の側においては、支払った消費税は仕入税額控除として売上に係る消費税から差し引くこととなります。仕入税額控除を行うためには請求書の保存が必要になりますが、現状では消費税が記載されていない請求書であっても仕入税額控除を受けることができます。

 

ところが、昨年10月の消費税軽減税率の導入に伴い、消費税率を10%と8%に区分することが必要となったため、2023年10月以降は消費税率を明記したインボイス(適格請求書)を保存していなければ仕入税額控除を受けることができなくなってしまいました。

 

ここで問題となるのが、適格請求書を発行することができるのは適格請求書発行事業者として税務署に登録した消費税課税事業者に限られる点、言い換えれば、年間課税売上が1,000万円以下である消費税免税事業者は適格請求書を発行できない点です。すなわち、取引相手の側からすれば消費税免税事業者であるフリーランスから受け取った請求書では仕入税額控除を受けることができなくなってしまうのです。こうした状況のもとでは消費税免税事業者であるフリーランスの方は消費税課税事業者である取引相手から取引の停止や値下げを求められる可能性が想定されます。そこでその対応策として消費税課税事業者となることもひとつでしょう。消費税課税事業者となれば消費税の納税義務は生じることになりますが、登録事業者として適格請求書を発行することができ、取引の継続も見込めます。フリーランスの方は、2023年10月のインボイス制度導入を見据えて、消費税課税事業者選択届出書を税務署に提出して消費税課税事業者となるか、免税事業者のまま継続するか、その選択を検討することが必要でしょう。

 

(S・H)

投稿者: TAO税理士法人

2020.06.26更新

私は年齢を特に意識したことはありませんでした。

ところが誕生日に社会人になった孫3人が、我が家に揃い、夕食を共にしました。

80歳になった私に、コロナの感染を異常に気遣い、我なりに老人かと感じ、自粛生活を心がけています。

これからゴルフ・囲碁を少し上達したく、レッスン教室に通うことを考えていた矢先の出来事でした。

ゴルフ会員権を購入・クラブセットを新調、気分を一新。

老人は暫く預けて、仕事・遊び・学びを頑張りたいと思います。

車の免許はなく、自転車にも乗れませんので、移動は歩行のみです。

若い皆さん、暫くはお付き合いの程お願いします。

 

心配事がありました追記します。

1945年の敗戦で、唯一嬉しかったことは、民主主義の国家となったことです。

その当時は、選ばれし政治家・志高い官僚・科学者は、国家・国民の為にの意識が高く、日夜の努力を惜しまなかったと思います。

ところが、現在の政界・財界・官僚・マスコミには、様々な不祥事が連続しています。

80歳の私も怒っています。

我が国は、正義が闊歩できる社会を実感でき、不正(道徳的)は許されない、貧富の格差の少ない国であることを期待し終わります。

 

(J.U)

 

投稿者: TAO税理士法人

2020.06.19更新

コロナ禍の中、本当に久しぶりに日曜日の昼食を家族で外食してきました。行先は我が家から車で約10分、平塚市錦町にある「うな新」です。このお店は平塚在住のTAOの先輩から教えていただいたのですが、以来すっかりファンになってしまい我が家では数少ない家族サービスの提供場所になっております。店内はカウンターとテーブル・座敷あわせて40席程度の少し歴史を感じる佇まいのお店ですが、土日に限らず平日でも予約なしでは入店不可の人気店です。

 

1

 

2

 

記憶によると通い始めてから2回ほど料金が値上げされたのですが、提供される料理の内容を考えるとそれでもまだリーズナブルな価格設定ではないかと思います。

 

久しぶりの安くて旨い「鰻」に家族全員大満足で、帰り際には来月の予約をしっかりさせられました。食い意地が張ってしまい配膳された後すぐに食べ始めた為、肝心の「鰻」の写真を撮り忘れてしまいましたが、このお店の「鰻」にご興味をもたれた方は、実際に訪問(要予約)するか食べログ等で確認してみてください。

 

以上、「お気に入りのお店」のご紹介でした。

 

(T.I)

投稿者: TAO税理士法人

2020.06.12更新

新型コロナウィルス感染拡大防止の自粛生活も解除されつつありますが、各事業者さんでも独自の感染防止対策を実施していると思います。

私ども法人でも時差通勤や在宅勤務を取り入れながら感染防止に努めております。

 

しかしお客様の個人情報を扱う私どもの業務では、それら資料を自宅に持ち帰っての在宅勤務に難色を示されるお客様もいらっしゃり、職員全員が同じように実施出来ているわけではないようです。

自分も数回試しましたが、正直自宅で7時間以上パソコンを前にしての業務は難しく、最低半日はお客様のところへの訪問を入れながら在宅勤務を取り入れています。

ある雑誌にありましたが、家では気が散って集中出来ないという人は、ちょっとした打ち合わせに出られる程度の服装に着替えるとか、腕時計をはめてスイッチをオンにする。或いは仕事机がダイニングテーブルでもいつもの席の向かい側に座って景色を変えることも頭の切り替えになるようです。

 

ところで今年は、コロナ騒動で話題になりませんが中小企業も有給休暇を年間5日以上取得させなければいけない働き方改革の初年度でもあります。コロナ騒動と合わさり今後の働き方を考える大きな年になる事は間違いないでしょう。

近い将来多くの事業者がテレワークの環境整備や制度化を進めていくでしょう。出勤する必要がなければ都心に住む必要もなく、会社も都心や駅前に大きなオフィスを構える必要もなくなります。そうなると、それに群がる飲食店等も今ほど必要なくなってきます。

この見えない小さなウィルスが働き方だけでなく都心の地図をも変えてしまう。恐ろしいことです。

 

(K.K)

投稿者: TAO税理士法人

2020.06.05更新

ご存知の通り、新型コロナウィルスの感染拡大による自粛が続き、企業・個人事業者の資金繰りが急速に悪化しております。

 

そんな時、まず取り組まければならないのは手元資金の確保(キャッシュ・イン)です。

金融機関からの借入や給付金・補助金の申請がまず思い浮かびますが、実際に受け取るまでに時間がかかることがありますので、その他の方法も考えなくてはなりません。

小規模企業共済の一時貸付、生命保険契約の契約者貸付金、倒産防止共済の一時貸付、経営者からの借入、売掛金の早期回収、助成金の活用等です。

 

一方で、資金の出(キャッシュ・アウト)を抑えることも必要です。

借入金の返済猶予、税金・社会保険料の支払猶予、固定費(販管費)の見直し等です。

この際、無駄な固定費(光熱費、広告宣伝費、保険料等)がないか、見直してみるのもいいかもしれません。

また、事業年度の途中で役員報酬を減額できるケースは限定的ですが、経営状況が著しく悪化した場合は税法に定めた業績悪化事由に該当し、減額が認められます。

 

今できる事は何か、知恵を絞ってこの難局を乗り越えなければなりません。

 

資金繰りのご相談、給付金・助成金の申請に関するご相談は、是非当社まで。

 

(M.T)

 

 

投稿者: TAO税理士法人

2020.05.29更新

緊急事態宣言が、ようやく全国的に解除されました。

休業要請の緩和で、一つの区切りを迎えられた安堵感などを感じます。

 

とはいえ、またまだ油断はできません。

これからも一人ひとりの思いやりの心を大切に、感染予防策をとりながら、

元気に、『新しい日常』を過ごしていきたいものです。

 

1

 

(Y.K)

投稿者: TAO税理士法人

2020.05.22更新

ステイホームでいつもより時間があったので、今年の『母の日』は例年とはちょっと違うものにしたいと思い立ち、フラワーアレンジメントをしている義兄にお願いし、オリジナルのアレンジメントを作って貰いました。

 

全体の色合い、使う花の種類、仕上りの雰囲気…

素人の無茶振りにも完璧に応えてくれ、想像以上にステキなものができました。

 

送られてきた花を見た母もびっくりしたようで、すぐに電話がかかってきました(笑)

 

こんな時だからこその思い付きでしたが、母のいつもと違う反応にほっこりし、少し『やっつけ』になっている他の恒例行事も見直してみようかなと思いました。

 

ステイホームの色々な時間の使い方がありますが、誰かのために使う時間もいいですね。

 

1

(Y.K)

投稿者: TAO税理士法人

2020.05.15更新

どこにも行けないGW、思い切ってずっ〜と気になっていた砂利の駐車場の改造を始めちゃいました♪

 

1

 

1日目。やっと3列54枚!まだまだ先が…。

 

2

 

貸出トラック、積載量ギリギリでした。

 

3

 

そして、4日目。やっとここまで。

 

4


 
314枚! あと、半分!!

5月中に終わるはず…?

すでに、腕は腱鞘炎です( ˊ̱˂˃ˋ̱ )

 

緊急事態宣言もあと少し!

どうぞ皆さまもこの機会になかなか手がつけられない事にチャレンジしてみてください♪

 

(R.M)

投稿者: TAO税理士法人

前へ 前へ

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY

初回無料でご相談に応じます。

営業
時間
9:00~17:00(月曜日~金曜日)
※ただし、お客様のご希望に応じて時間外、
土日祝も対応可能です。
住所 〒251-0025
神奈川県藤沢市鵠沼石上 1-1-15 藤沢リラビル3F・4F

藤沢駅南口 徒歩3

  • 0466-25-6008  (FAX  0466-25-6968 )
  • top_contact_tel_sp.png
  • ご質問や無料相談のご予約承ります お問い合わせはこちらご質問や無料相談のご予約承ります お問い合わせはこちら